副業・サイドビジネス

マイナンバー導入後も会社に副業がばれないようにする方法

投稿日:

マイナンバー制度の導入で会社に副業がばれてしまう?

会社の給料が上がるのを待つよりも手っ取り早く収入を増やすことができるため副業で稼ぐ会社員が増えています。

ある資料によると株やFXといった投資、アフィリエイト、転売ビジネス、せどり、ポイントサイトなどの副業をする人が多いのだそうです。

しかし大抵の会社は就業規則で副業禁止規定を設けていて従業員が副業をすることを禁止しているので、会社にばれないように副業をするというのが一般的になっています。

ところが、1月から導入されたマイナンバー制度によって「副業が会社にばれてしまうのでは?」と心配する人が増えているのです。

マイナンバーで副業がばれるわけではない?

そもそも、なぜ会社に副業がばれてしまうのでしょうか。

それは副業での収入が増えると住民税が上がるからです。

会社員の場合は住民税は給料から天引きされるのですが、副業によって所得が増えると収める住民税の額も増えてしまい、その金額が会社に通知されるので結果的に副業がばれてしまうのです。

ただし住民税の納め方としては普通徴収と特別徴収の2種類の収め方があり、給与所得以外の収入であればどちらで納めるかを自分で選択することができます。

普通徴収・・・住民税を自分で納める

特別徴収・・・住民税を給料から天引き

アルバイトのように給料をもらう形での副業であれば特別徴収となってしまいますが、それ以外の副業であれば普通徴収を選択することで会社に住民税が通知されなくなるので、会社にばれる可能性は低くなります。

無申告だった人はマイナンバーで会社に副業がばれる可能性大

そもそもマイナンバーというのは会社に副業を通知するためのものではありません。

これまできちんと税金を納めてきた人はマイナンバーが導入されたからといって焦る必要はありません。

しかし副業で収入を得ていたのに確定申告をしていなかった人はマイナンバーにより副業の収入が捕捉されることになるので、今後会社にばれてしまう可能性が大きいです。

例えばあなたがアフィリエイトで副業をしていた場合、アフィリエイトASPはあなたに報酬を支払ったということを「支払調書」として自治体に提出します。

この支払調書によって副業での収入の分まで住民税を加算して会社に通知するので、会社に副業がばれてしまうというわけです。

マイナンバー制度で会社にばれない副業を選ぶなら

給料というかたちで報酬を受け取るアルバイトのような副業は今後はやりにくくなるかもしれません。

マイナンバー導入後も会社にばれないように副業を続けるには、住民税を普通徴収で納めることができる副業を選択するのが良いでしょう。

また住民税が上がることや手間がかかることを考えれば、収入の小さな副業はおすすめできません。

マイナンバー導入後は大きく稼げる副業でノウハウを身につけ、いつでも脱サラできるようにしておくようにしましょう。

-副業・サイドビジネス
-

Copyright© 独立開業なら中古車仲介ビジネス , 2018 All Rights Reserved.