脱サラ

脱サラ起業で定年のない仕事をする

更新日:

「脱サラして起業すれば定年退職を気にせず好きなだけ仕事を続けることができる。」

そういった理由で脱サラして中古車仲介ビジネスをスタートする方が増えています。定年を迎えれば悠々自適の生活がスタートすると思っていたのに、蓋を開けてみれば年金だけで生活することができずに再就職やアルバイトを余儀なくされてしまう。

時給1,000円のアルバイトに就けたとしても、月に15万円稼ぐには150時間働く必要があります。1日7時間の勤務が21日でやっと15万円です。定年後の悠々自適な生活とはかけ離れた現実です。

しかし、脱サラ起業して稼ぐ力を身につけておけばこうなることはない。このような考えで脱サラし、中古車仲介ビジネスをはじめられています。

中古車仲介ビジネスでは1件あたりの手数料収入が最低でも10万円になります。1件あたりの収入が大きいので、薄利多売のビジネスのような寝る間を惜しんで仕事をする必要はありません。

週末だけでも毎月50万円以上稼いでいる人も大勢いますから、「脱サラする勇気はないからまずは副業としてはじめてみたい」ということもできるのです。

定年退職するまでは会社員と中古車ビジネスの二足のわらじで稼ぎ続け、定年退職したら中古車ビジネス1本で稼ぐ。こうすれば生涯現役で稼ぎ続けることができます。

脱サラして毎月200万円稼ぐか、会社員の地位を残したまま毎月50万円の副収入を稼ぐか。どちらでも好きな方を選べば良いのです。

どちらを選んだとしても、定年後に40歳も年下のバイトリーダーの指示に従う必要はなくなります。

脱サラ起業する場合の注意点

脱サラ起業する際には「大きなリスクを負わない」という点に注意が必要です。

例えば飲食店を開業しようとした場合、小さい店でも1000万円~1500万円程度の資金が必要になります。これに対して飲食店の廃業率は1年未満で34%。5年以内ではなんと71%が廃業しているというデータがあります。

つまり約7割もの人が脱サラ起業に失敗し、1500万円の借金を返済することができないまま廃業しているのです。

そのお店を開店すること自体が夢なのであればそれで良いかもしれませんが、脱サラしてお金を稼ぐことや定年後のお金の不安をなくすことが目的なのであればこのようなリスクを負うべきではありません。

中古車仲介ビジネスなら開業資金は1万円未満です。それなのに開業1ヶ月目で50万円以上稼ぐビジネスオーナーが大勢います。

大きなリスクを背負わなくても脱サラすることはできますので、どうすれば本来の目的を達成することができるのかをよく考えてから脱サラ起業しましょう。

-脱サラ
-,

Copyright© 独立開業なら中古車仲介ビジネス , 2018 All Rights Reserved.